事故

吉田成那ちゃんゴーカート事故!事故現場や画像を調査「母親が声を詰まらせ取材」

事故

北海道森町でゴーカートに子供3人がはねられて重軽傷を負った事故で、意識不明の重体となっていた北海道函館市赤川、吉田成那(せな)ちゃん2歳が亡くなりました。

事故現場や吉田成那ちゃんの顔画像・プロフィールを調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

吉田成那ちゃんゴーカート事故現場「グリーンピア大沼」

吉田成那ちゃんゴーカート事故の概要がこちらです。

引用:Yahoo!ニュース

北海道森町でゴーカートに子供3人がはねられて重軽傷を負った事故で、意識不明の重体となっていた北海道函館市赤川、吉田成那(せな)ちゃん2歳が亡くなりました。

幼い命が亡くなるという痛ましい事故が起きてしまいました。

 

事故が起きたのはホテル「グリーンピア大沼」です。

ここの駐車場で、自動車販売店によるゴーカートの体験会が行われていました。

そして、運転していた小学6年の女の子が1周200メートルのコースを4周から5周走り、最後にピットに戻る際、直線で減速して曲がるところをそのまま時速40キロほどのスピードで直進し、コース外に飛び出して、はねたという事です。

ネット上では「コースに問題があったのではないか」とか「主催者側の配慮が欠けていたのではないか」などといった声が上がっていました。

これから事故の状況や安全管理体制などが調査されると思われるので、二度とこのような事故が起きないように徹底してもらいたいです。

ネットの声

ネットの声を集めてみました。

コースのレイアウトに一番の原因があったと思う。最もスピードの高いストレートの正面に観客席は普通置かないのでは?

今のところの情報を見る限り女の子のゴーカートがピットインしようとしたが、スピードを出し過ぎてコーナーを曲がらずに直進して観客の方まで突っ込んだ状態ですね。イベント主催者は事前に講習をしていた、事故の際もブレーキを踏むように指示を出していたと説明してます。事故当時の状況説明を確認する限り、観客との間にコーンしか置かれておらず、操作ミスなどの配慮が欠けているように感じます。一般的に考えれば事故防止のマットなどを置いていないと危ないように感じますし、事前講習や注意喚起だけで素人の小学生に時速40kmの乗り物を運転させるのはかなり危険に見えます。これは主催者側の責任が大きいのではないでしょうか。

モータースポーツに興味を持ってもらいたいと言う企画は良いと思うけど、申し訳ないがレーシングカート経験者としては、こう言うイベントはカート専用のサーキットで先導車をつけて開催するべきだったと思う。今回使用されたレーシングカートは、ただのゴーカートではなく純粋なレーシングカー。それをクッションバリアーだけの安全性に問題がのある特設会場で経験の無い子供達が先導車も付けずに走らせれば、もしもの事故は簡単に想定出来る。

吉田成那ちゃんの顔画像・プロフィール「北海道函館市赤川」

吉田成那ちゃんのプロフィールを調査しました。

吉田成那ちゃんの顔画像に関しては現在は明らかになっておりません。

名前:吉田成那
年齢:2歳
住所:北海道函館市赤川

吉田成那ちゃんの母親が声を詰まらせながら取材

吉田成那ちゃんの母親が読売新聞の取材に応じています。「一瞬の出来事だった。痛かったかな……。びっくりしたと思う」と声を詰まらせながら語ったという事です。

現場にいた母親によると、倒れた成那ちゃんに駆け寄り、何度も声をかけたものの反応はなかった。成那ちゃんはヒーローごっこが好きで、「変身!」と大きな声を出しながら、ウルトラマンのお面をつけて遊ぶ元気いっぱいの男の子だったという。母親は「目がくりくりして、全部がかわいかった。先のことは、まだ何も考えられない」と言葉を絞り出した。

 

吉田成那ちゃんの新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

しゅふちゃんの知恵袋

コメント