事件

吉田和人被告の実家の酒屋を調査「東京都渋谷区笹塚」保釈中に死亡

吉田和人 顔画像事件

吉田和人被告が(よしだかずと)48歳が、路上生活をしていた大林三佐子さん(当時64)が渋谷区幡ヶ谷のバス停前で死亡した事件で傷害致死の疑いで逮捕・起訴され、保釈中でしたが2022年4月8日、都内で死亡しているのが見つかりました。

吉田和人の実家の酒屋を調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

吉田和人の実家は酒屋「東京都渋谷区笹塚」

吉田和人の実家を調査しました。

吉田和人の実家は酒屋である事が判明しました。

吉田容疑者は自宅マンションの1階にある家業の酒店を母親と切り盛りしていた。近所の住民が語る。 「若い頃にいったん就職したけど精神を病んでしまって辞めたらしい。お父さんを3年ほど前に亡くしてからは、一生懸命働いてお母さんを守っていた。母親想いで真面目という印象だったので、まさかと驚いています」

引用:文春オンライン

吉田和人の実家である酒屋は祖父母の代から続いている事も判明しました。また実家はマンションやアパートを所有する資産家のようです。

「中学生のときに不登校で引きこもりになったと父親から聞いた。20歳のころに1度は就職したがすぐに辞めて、また引きこもりになった。

それがましになったのは数年前に父親が亡くなってから。酒店は10年近く前からほとんど営業してないけど、昔からの常連には配達している。それを手伝うようになったからね」

住人の証言では、吉田和人はこの酒屋の手伝いをしていたようです。

この酒屋の場所を調査すると「東京都渋谷区笹塚」にあることが判明しました。更に、ネット上ではこの酒屋の名前も特定されていました。ただ、現在の営業状態がはっきりしていませんので当サイトでは掲載を控えたいと思います。

ネットの声

吉田和人被告が保釈中に死亡したことに対するネットの声を集めてみました。

保釈していたことを知らなかったけど。証拠隠滅のおそれはなくとも、故意に人を死なせた被告を保釈するのはどうなのかと思う。

被害者の方は笑顔がとても素敵で接客が得意だったらしく、なぜ定職に就けずホームレスになってしまったのか、なぜ生活保護などの行政の福祉を頼らなかったのか、悲しくてなりません。唯一の親族である弟さんも姉がこういう状況になっていたことは知らなかったらしいです。

道徳やモラル、マナーを学び直す講習があっても良いと思う。

人を殺したのに保釈をした時点で、行政も間違っている気がする。

保釈の判断基準について、再考すべきでは?

犯してしまった罪が大きくても、反省って理解できずどう考えたらよかったのか、導いてくれる人がいなかったのが苦しかったかもしれないとも思います。

吉田和人被告が保釈中に死亡

吉田和人被告が保釈中に死亡しました。

2020年11月、路上生活をしていた大林三佐子さん(当時64)が渋谷区幡ヶ谷のバス停前で死亡した事件。傷害致死の疑いで逮捕・起訴され、現在保釈中だった吉田和人被告(48)が2022年4月8日、都内で死亡しているのが見つかった。飛び降り自殺と見られ、警視庁が詳しい状況を調べているという。

引用:Yahoo!ニュース

 

吉田和人の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

吉田和人被告のFacebook顔画像「一体何が・・・」保釈中に死亡

中村陽一のFacebook顔画像「覚えていません」横浜市・下永谷駅事件

宮本一馬被告の家族を調査「犯罪する奴、どこでも犯罪すんねん」宇都宮暴行事件

宮本一馬のFacebook顔画像「誰も止めなかった・・・」宇都宮暴行事件

松木幹太のFacebook顔画像「理想の顔には500万円必要」新宿区歌舞伎町元ホスト事件

しゅふちゃんの知恵袋

コメント