事件

山中一也容疑者が逮捕!Facebookや顔画像「暗号資産を隠す」山梨県韮崎市

事件

山中一也容疑者37歳が、国内の暗号資産取引所の口座に所有していたビットコインなど9種類の暗号資産(計約600万円相当)を15回にわたってアイルランドの取引所に送信して隠した疑いで逮捕されました。

山中一也のフェイスブック、顔画像・プロフィール、自宅、犯行動機を調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

山中一也のFacebookを調査

山中一也のフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「山中一也」を検索すると、山中一也容疑者と同姓同名の人物のアカウントが複数件ヒットしました。これらのアカウントについて調査しました。

山中一也Facebook

調査をしましたが、山梨県韮崎市の37歳の人物のアカウントを特定することは出来ませんでした。

他にもさまざまな検索方法を試しましたが、山中一也容疑者のFacebookアカウントを特定する事はできませんでした。

 

山中一也のFacebookアカウントを特定次第追記します。

山中一也の顔画像・プロフィール

山中一也のプロフィールを調査しました。

山中一也の顔画像に関しては現在は明らかになっておりません。

山中一也の顔画像が判明次第追記します。

名前:山中一也
年齢:37歳
住所:山梨県韮崎市
職業:CGデザイナー

山中一也の自宅「山梨県韮崎市」

山中一也の自宅を調査しました。

山中一也の自宅は「山梨県韮崎市」である事が判明しました。

犯行動機

犯行動機を調査しました。

山中一也容疑者は以前、コンピューターグラフィックス(CG)を手がける東京都品川区内の会社に勤務していましたが、退職後も当時の顧客から仕事を請け負っていたとして元の勤務先から訴訟を起こされ、一20年6月に東京高裁で約3千万円の賠償を命じられていたようです。

山中一也容疑者「少しでも財産を手元に残しておきたいと思った」と話しているといい、警察は賠償金の支払いを免れる目的だったとみています。

ネットの声

ネットの声を集めてみました。

暗号資産の隠蔽をどこまで摘発できるか。今回は海外の取引所に隠したということだが、親戚や友人・知人に一時的に渡して、持っていないように装うこともあるだろう。また、高額な商品を購入したと見せかける手法があってもおかしくない。マネーロンダリングを含めて、暗号資産の追跡を徹底していく必要がある。巧妙な手口を許さないように、警察や特捜が一層の取り締まりの強化をすることを期待している。

財産を隠して自己破産なんてとんでもないし、いずれバレるから無駄なのに。

裁判で仮想通貨は資産に該当しないと思ったとか主張して来そう。 仮想通貨などこれまでは存在しなかったのだから、破産法のほうも予め手を打って資産に該当する旨きちんと明記しとかないと駄目なんじゃないですか。

山中一也容疑者の破産法違反事件の概要

山中一也の破産法違反事件の概要がこちらです。

自己破産する前に所有する暗号資産(仮想通貨)を隠したとして、警視庁捜査2課は、破産法違反(詐欺破産)容疑で、山梨県韮崎市の自営業、山中一也容疑者(37)を逮捕した。調べに対し、「少しでも財産を手元に残しておきたいと思った」と容疑を認めている。 逮捕容疑は令和3年1月、破産を申し立てる前に、国内の取引所からアイルランドの取引所のアカウントに、仮想通貨(時価約600万円相当)を送り、隠したとしている。 捜査2課によると、山中容疑者は平成27年3月ごろまで勤務していたコンピューターグラフィックスの会社に無断で顧客から個人的に業務を請け負い、損害賠償請求訴訟を起こされ、約3千万円を支払う判決が確定した。令和3年2月に破産申請し、3月に自己破産したが、破産管財人の調査で仮想通貨を隠していることが分かった。

引用:Yahoo!ニュース

 

山中一也の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

しゅふちゃんの知恵袋

コメント