事件

山上徹也の父親,母親,兄,妹,祖父「かわいそうと同情の声」安倍晋三元首相銃撃事件

事件

安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、逮捕された無職山上徹也容疑者(やまがみてつや)41歳に関して、様々な事が判明してきました。

この記事では、山上徹也容疑者の父親、母親、兄、妹、祖父に関してまとめていきます。

この記事は随時追記・更新していきます。

山上徹也の父親,母親,兄,妹,祖父を調査

山上徹也容疑者は父親、母親、兄、妹の5人家族でした。

山上徹也容疑者の壮絶な生い立ちや家族構成の詳細に関してはこちらを参照ください。

山上徹也容疑者の生い立ちや家族構成「兄は自殺していた?」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也の父親「マンションから飛び降り」

山上徹也容疑者の父親を調査しました。

山上徹也容疑者の父親は京都大学工学部を卒業しており、かなり優秀な人物だったのでしょう。

山上徹也容疑者の父親は、1970年代末に奈良に本社を置く祖父の建設会社に入社し、その前後に山上徹也容疑者の母親と入籍し、兄、山上徹也容疑者、妹を含む3人の子どもをもうけました。

山上徹也容疑者の父親の仕事ぶりは真面目だったようですが、酒癖は悪かったらしく、酔っぱらって路上で寝ている姿がしばしば見かけられていたということです。

そんな父親は1984年ごろに自殺しています。

知人によると、山上徹也容疑者の父親はマンションから飛び降りたようです。

「奥さんが相当宗教に入れ込んでしまったみたいで、旦那さんはノイローゼやったようです。最後は近くのマンションから飛び降りて自殺しはってね、それは近隣で話題になりましたわ。それから1年と経たず、一家は引っ越していかれました」

 

山上徹也容疑者の父親は、幼少だった山上徹也容疑者にとっては怖い存在だった。

「休日の日に父親が母親を怒鳴り散らす声が鳴り響くのが近所でも有名だった」と証言。別の住民は「父親が怒鳴っている間、母親がずっと台所で正座させられていたのを見たことがある」と話した。

母親が父親から過酷な扱いを受けている様子を目の当たりにしていたとみられ、一家で出かける際、山上徹也容疑者とみられる子供が母親の足にしがみついて離そうとしない光景が目撃されていたということです。

山上徹也の母親「破産後も献金」

山上徹也容疑者の母親を調査しました。

山上徹也容疑者の母親は建築会社を営む裕福な家庭で育っていて、有名大学を卒業しており、優秀だったようです。山上徹也容疑者の母親には妹がおり、妹は医者になっていたようです。

(山上容疑者の母親の)弟も76年に小学5年で交通事故死している。最愛の母(山上容疑者の祖母)も82年に亡くなった。この方が聡明(そうめい)な方で、その血を受け継いでいた。

山上徹也容疑者の母親には妹の他にも弟もいたようですが、交通事故にあい事故死していたと伯父が証言しています。

山上徹也容疑者の父親の死後、母親は祖父の経営する会社の役員になっており、親族によると母親は「経理を担当していた」ということです。当時、会社の経営はうまくいっており、親族らの助けを借りながら、母親は山上徹也容疑者を含む3人の育児に奮闘していました。

知人によると、山上徹也容疑者の母親はおとなしい感じの方で、子ども会の役員などもしていたようです。

そんな母親が1998年に教会員になっているということです。

山上容疑者の兄が幼少期から大病を患っていたこともあり、母親は精神的に追い詰められた状況に置かれていたようだ。そんな母親が行き着いたのが世界平和統一家庭連合(旧統一教会)。知人には「家庭生活がつらく、夫も亡くなって苦しかった。そんな私を救ってくれた」と明かしていたという。

1998年は建設会社社長だった母親の実父が病死した時期と重なります。母親は相続した会社の土地や奈良市内の自宅を1年足らずで売却。献金総額は1億円に上ると周囲は見ています。夫の生命保険として受け取った5000万円も含まれ、2002年に自己破産しています。

母親は事件直後から伯父宅に身を寄せており、「母親は疲れ切っており、彼女とは事件の話をしていない。破産後も献金を続けていたようだが、何か思うことがあるなら既に脱会していると思う」と語っています。

山上徹也の兄「自殺していた」

山上徹也容疑者の兄を調査しました。

山上徹也容疑者の兄は小児がんを患っていて、手術もしていたようです。また片目も失明しており、普段の生活にも苦労していたという事です。

そんな兄は2015年に自殺をしています。

親族によると、「(兄が亡くなったのは)8年くらい前。葬儀のときに泣きながら、『兄ちゃんアホやな何で死んだん。生きていればなんとかなるやろ』と。その言葉が忘れられません。悲しかったと思います」

山上徹也容疑者は葬儀で「どうして兄ちゃん死んだんや」と涙を流していたということです。山上徹也容疑者にとって兄の自殺はかなり辛かったのでしょう。

山上徹也の妹「名前や顔画像は?」

山上徹也容疑者の妹を調査しました。

山上徹也容疑者の妹は3歳下なので、現在は38歳前後ということになります。山上徹也容疑者の妹に関しての情報はほとんどありません。当然ながら顔画像や名前に関しても報道はありません。

今後も報道されることはないでしょう。事件を起こしているのは山上徹也容疑者であり、妹ではありませんので誹謗中傷などは避けましょう。

山上徹也の祖父「地元の名士」

山上徹也容疑者の祖父を調査しました。

山上徹也容疑者の祖父は奈良市内で建設会社を営んでいて、地元の名士だったようです。

祖父の知人の証言がこちらです。

「おじいちゃんは小さな建設会社を営んでらしたんだけど、有名大学を出た優秀な方で、大阪の土木関係の下請け団体の会長を務めていました。ゼネコンからトンネル工事をいくつも受けていて昔から景気がよくってね。娘さんは2人とも優秀で、どちらもあの時代に有名大学を卒業しています。徹也くん(山上容疑者)のお母さんはお姉ちゃんで、妹さんは医者になっています」

山上徹也容疑者の祖父は1998年頃に死去しています。

山上徹也がかわいそうと同情の声

山上徹也容疑者の生い立ちが明らかとなるにつれて、ネット上では「かわいそう」といった声が上がっています。

山上容疑者はごく普通の青年だった事、そして誰よりも家族思いであり、母親思いでもあった。 銃撃は絶対に許されるものではないが家族の復讐の為にここまでできる男が逆に悲しくも辛い。

頭もよくて、手先も器用で、家族想いで、意志も強く、実行力もある人だから、幼少からこんな悲惨な境遇でなければ、社会的立場もよかったんだろうと思います。実際、親戚は弁護士や医者だそうなので、彼もそういう職業だったかもしれません。器用だから技術者でも成功したでしょう。彼はこれまでの人生で十分苦しみました。苦しみ抜いて起こしてしまった事件だと思います。

人を殺すのは良くない。それはその人の人生を終わらせてしまうから。 これは表さなくても当然ですが、同じように、たとえ家族でも人の人生を潰すのも同じくらいの罪深さだと思います。 山上さんのこれまでを知ると、言葉にできないほど胸が痛くなります。 そして私達が知るそれは、事の一端でしょう。 思春期のまだ心は子どもの時から現在まで、悩まなくていいことに押しつぶされそうになりながらも、よく生きていたと思います。 自分の生命保険金で兄妹を生かそうとするなんて、どんな気持ちで実行したかと思うと、もう不憫でなりません。

 

山上徹也容疑者の生い立ちに関しては、こちらを参照してください。

山上徹也容疑者の生い立ちや家族構成「兄は自殺していた?」安倍晋三元首相銃撃事件

 

山上徹也容疑者の生い立ちは壮絶なものです。父親、兄の死もあります。

また、山上徹也容疑者は自衛隊入隊中の2005年1月に自殺未遂をしていますがこの時に母親は訪韓中で、伯父が連絡しても帰国しなかったという事です。山上徹也容疑者は自殺をしようとした理由について、「献金で困窮した兄と妹に自分の生命保険金を渡そうと思った」と伯父に話しています。山上徹也容疑者ここまで思いつめていたのでしょう。

ただ、どれだけ辛い過去があったとしても、安倍晋三元首相を銃撃するという行為は絶対に許されません。しっかり反省をしてもらいたいです。

 

山上徹也容疑者の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

山上徹也のTwitterを特定「オレは作り物だった」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也容疑者の生い立ちや家族構成「兄は自殺していた?」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也容疑者の家族や実家を調査「奈良市」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也容疑者の経歴や学歴「元海上自衛官」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也容疑者の自宅を特定「シティホームズ大宮」安倍晋三元首相銃撃事件

山上徹也容疑者の顔画像やフェイスブック「安倍晋三元首相が撃たれる」奈良市

しゅふちゃんの知恵袋

コメント