事故

豊田徳幸さんの家族を調査「妻や子供は?」知床観光船事故

豊田徳幸 画像事故

北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船「カズワン」が浸水し、乗客乗員26人が安否不明となった事故で、船長が豊田徳幸さん(とよだのりゆき)54歳であることが判明しました。

豊田徳幸さんの家族を調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

豊田徳幸さんの家族を調査

豊田徳幸さんの家族を調査しました。

豊田徳幸さんの家族に関して、Facebookアカウントから調査しました。

豊田徳幸さんのFacebookに関してはこちらで特定しています。

豊田徳幸さんのFacebookを調査「カズワン船長」知床観光船事故

豊田徳幸さんのFacebookの家族を欄を見てみましたが、家族に関しては記載がありませんでした。

豊田徳幸 Facebook

他のサイトも調査しましたが、豊田徳幸さんの家族については判明していないようです。

豊田徳幸さんは、54歳という年齢である事から結婚していて妻と子供がいてもおかしくはありませんが、独身という可能性も考えられますので、豊田徳幸さんの家族に関して判明次第追記します。

豊田徳幸さんのFacebookには「ブラック企業で右往左往です。」という投稿がありました。

豊田徳幸 Facebook

もし、家族がいるとするなら家族にも会社の事を相談していたのでしょうか。

ネットの声

知床観光船事故に対するネットの声を集めてみました。

「知床遊覧船の人員体制は手薄といい、「気持ちに余裕がなかったのでは」と話した。」人員体制が手薄だった原因として、直前に大量退職があったとの情報があるがその理由をメディアは裏取りすべき事案。会社全体に安全管理より利益優先という土壌が定着していたのではないか?

他の会社を出し抜いて早く運行していなければある程度の人は助かったかも。

強行突破しなければ、こんな悲惨な事故にはならなかったはずです。
社長からの圧力があったのか?

知床観光船事故の概要

知床観光船事故の概要をまとめました。

高波の中、運航を決めた観光船「KAZU I(カズワン)」は出港前、地元の仲間から「行くな」などと助言を受けていた。  事故数日前には各社合同の安全訓練も実施されたが、遭難事故は防げなかった。  カズワンを所有する知床遊覧船(北海道斜里町)の元甲板員の男性は25日、同町のウトロ港で「なんで強行したのか。残念だ」と嘆いた。遭難事故が起きた23日朝、豊田徳幸船長(54)に「午後から(天気が)悪くなる予定だからな」と声を掛けたという。  男性によると、豊田船長は地元での運航経験が1年ほど。男性は「ここの海に精通していない」と指摘する。知床遊覧船の人員体制は手薄といい、「気持ちに余裕がなかったのでは」と話した。  別の観光船会社の社長は3月、カズワンの船首に約15センチの亀裂があるのを目にした。海が荒れると予想されていた23日に「行くな」と止めたが、助言は生かされることなく、出港したという。  一方、地元の運航会社4社は、シーズンを前に合同で安全訓練を行っていた。訓練は年1回実施。海上に投げ出された人の引き上げや、故障した船舶のえい航について、手順を確認した。海上保安庁による安全講習もあり、知床遊覧船も参加。「しっかり訓練はしていたんだが」。ある運航会社の男性船長は遭難事故を受け、残念そうに話した。  シーズン入りすれば、同じ海域に観光船が2~3隻いることが多く、異変に気付く可能性があったという。男性船長は「23日でなければ事故は起きなかったのではないか」と声を落とした。

引用:Yahoo!ニュース

 

豊田徳幸の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

桂田精一さんのFacebook・Twitterを調査「有限会社しれとこ村代表取締役」知床観光船事故

桂田精一社長の家族を調査「再婚していた」知床観光船カズワン事故

知床観光船事故現場【カシュニの滝】やカズワンを調査「過去に座礁事故」

豊田徳幸さんのFacebookを調査「カズワン船長」知床観光船事故

曽山聖さんのFacebookを調査「カズワン甲板員」知床観光船事故

曽山聖さんのツイッターを調査「カズワン乗組員」知床観光船事故

しゅふちゃんの知恵袋

コメント