事故

曽山聖さんのツイッターを調査「カズワン乗組員」知床観光船事故

事故

北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船「カズワン」が浸水した事故で、乗組員が船長の豊田徳幸さん(とよだのりゆき)と甲板員の曽山聖(そやまあきら)さんである事がわかりました。

曽山あきらさんのTwitter(ツイッター)を調査しました。

そやまあきらさんの大学や高校も調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

曽山聖さんのTwitterを調査

曽山聖さんのツイッターを調査しました。

Twitterで「曽山聖」を検索すると、1件だけ同姓同名の人物のアカウントがヒットしました。

ただ、このアカウントを調査しましたが、プロフィールの記載などはなく投稿もありませんでしたので、曽山聖さんのTwitterアカウントなのかどうか判断する事はできませでした。

なので、当サイトでは掲載を控えたいと思います。

他にも「曽山あきら」「そやまあきら」「soyama akira」などでも検索をしてみましたが、曽山聖さんのアカウントは特定できておりません。

曽山聖さんのTwitterアカウントと確証が得られるアカウントを特定次第追記します。

曽山聖さんの大学や高校はどこ

曽山聖さんの大学や高校を調査しましたが、現時点では有力な情報はありません。

曽山聖さんの住所は「東京都調布市」と報道されていますが実家が東京とは限りませんので、情報が入り次第追記していきます。

知床観光船事故の概要

知床観光船事故の概要をまとめました。

北海道・知床半島沖で観光船が行方不明となり、乗客・乗員26人の捜索が続いています。これまでに10人の死亡が確認されたほか、新たに子ども1人が発見されました。観光船が出航した斜里町ウトロの漁港から中継。 港は24日に比べて風は穏やかになりました。捜索にあたっている人に話を聞くと、港の外に出ても波の高さは前日に比べたら穏やかだということです。25日も航空機や船による捜索が続いています。 遺体が収容された斜里町ウトロの体育館には24日夜、次々と車が到着し、関係者が中に入っていきました。 知床半島沖で行方不明となっている観光船「KAZU I」には、船長の豊田徳幸さん(54)、甲板員の曽山聖さん(27)のほか、子ども2人を含む乗客24人が乗っていました。海上保安庁によりますと、乗客は、東京や大阪・福岡など9つの都道府県から来ていたということです。 これまでに男性7人、女性3人のあわせて10人の死亡が確認され、24日夜、新たに子ども1人が意識のない状態で発見されました。海上保安庁は身元の確認を進めるとともに、残る15人の捜索を続けています。 捜索には、地元の漁師の人たちも、漁をやめて協力をしています。25日5時50分過ぎから、10隻ほどが次々と港を出て行く様子が確認できました。25日は10隻以上が捜索に協力するということです。この日は陸、岸を中心に捜索したいと話す人もいました。

引用:Yahoo!ニュース

 

曽山聖さんの新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

桂田精一さんのFacebook・Twitterを調査「有限会社しれとこ村代表取締役」知床観光船事故

桂田精一社長の家族を調査「再婚していた」知床観光船カズワン事故

知床観光船事故現場【カシュニの滝】やカズワンを調査「過去に座礁事故」

豊田徳幸さんのFacebookを調査「カズワン船長」知床観光船事故

豊田徳幸さんの家族を調査「妻や子供は?」知床観光船事故

曽山聖さんのFacebookを調査「カズワン甲板員」知床観光船事故

しゅふちゃんの知恵袋

コメント