のぶみ

のぶみのインスタを特定「反省の色なし」復興ボランティア不倫

のぶみ 不倫のぶみ

のぶみ(絵本作家)43歳が、東京五輪・パラリンピックを過去の言動などを巡り炎上して辞退しました。そして、東日本大震災後に復興ボランティアに携わっていましたがそこで不倫をしていたことが判明しました。

のぶみ氏のインスタグラム(Instagram)、不倫を調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

のぶみのインスタを特定「反省の色なし」

のぶみ氏が復興ボランティア不倫をしている事が発覚しました。

のぶみ氏のインスタグラム(Instagram)を調査しました。

のぶみのインスタアカウントがこちらです。

のぶみ インスタ

のぶみのインスタアカウント名が「nobumi_ehon」となっています。プロフィール欄には、自身が出演している番組や絵本の紹介をしています。絵本を250冊も出版をしていました。情熱大陸や嵐にしやがれにも出演していました。

「ママがおばけになっちゃった」がこちらです。この絵本が61万部突破しています。

のぶみ インスタ

 

「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズのセイバー編です。

のぶみ インスタ

 

のぶみのインスタにはこのような投稿が大量にありました。

のぶみ インスタ

胎内記憶の子300人にママを成長させるために産まれた話をおしえてくれた

文字におこして何度読んでもさっぱり意味がわからないのです。なんとなくでしかわからないのは、文章がおかしいからかもしれない。

 

のぶみ インスタ

ぼくは、ぼくの描く絵本が世界一大好きだ

これは、自画自賛がしたかったのでしょうか。誰も褒めてくれないから自分で褒めたのかもしれないですね。

のぶみの顔画像がこちらです。

のぶみ インスタ

写真では優しそうな雰囲気ですが、過去にはいじめられていた経験やチーマーや暴走族の「総長」となった経験があります。総長をしていたとは思えない穏やかな顔ですね。

詳細はこちらです。

のぶみの評判を調査「更生しても吊るし上げるのは反対」オリンピック出演辞退

 

のぶみ氏は東京五輪・パラリンピック関連文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル ONE-Our New Episode-Presented by Japan Airlines MAZEKOZEアイランドツアー」に出演予定でしたが、のぶみ氏は過去の言動などを巡り炎上して辞退しましたが、なんとこのような投稿をインスタでしていました。

のぶみ インスタ

自分の中の自分の光を守れば、それでいい

 

のぶみ インスタ

頭おかしいと3日間いわれて僕思ったの 僕頭おかしいでいいやって。普通じゃないしマトモじゃないよ みんなはマトモかな聖人君子だろうか。なんて言われてもいい

 

のぶみ インスタ

いろんな人が記事かいて ぼくがこんな人だとか決めつける え、ぼくどんな人かしってるの?

これらの投稿はヤバいですね。小山田圭吾や小林賢太郎は謝罪して反省していましたが、のぶみは一切反省していないようです。凄いメンタルの持ち主ですね。過去の事が暴露されて炎上してしまったら、心の中でこのような事を思っていたとしても、普通はSNSで投稿できないです。

(以下:追記)

のぶみ氏が7月25日にインスタで騒動の謝罪をしました。

のぶみ インスタ

のぶみ インスタ

「僕の未成熟さが原因」と謝罪をしています。謝罪するなら、下の文章だけの方が良いと思うのですがなぜなのでしょうか。自筆がしたいのなら、ちゃんと丁寧に書くべきではないでしょうか。丁寧に書いてこれだったら仕方ないですが・・・。何か全てが裏目に出ているような気がします。

追記:のぶみと信者

のぶみについて調査をすると、2013年にひすいこたろうさんと合同で湘南合宿という12名限定で心を解放するという企画がありました。

のぶみ 信者

 

自己啓発系の合宿のようですが、匿名掲示板にはこのような写真が貼られていました。

のぶみ 信者

これは一体何をしているのでしょうか。こんなことをするために合宿を開催したのだろうか。ハグをしたかっただけなのでしょうか。一体この合宿では何がおきていたのだろうか。

のぶみの復興ボランティア不倫「依存症なのか」

のぶみの復興ボランティア不倫について調査しました。

のぶみは自称ですが愛妻家で、絵本を描いているのは妻と子供のためと公言していましたが、実は裏の顔がありました。2012年東日本大震災の復興ボランティアで知り合った女性と不倫をしていました。

のぶみ 不倫

さらに、元看護師の女性ともふりんをしていたことも発覚しました。

のぶみ 不倫

 

その内容がかなり生々しいですが、このゲス不倫をまとめました。

復興ボランティアで知り合った女性がこのように証言をしています。

「彼は別れ際によくハグを求めてきました。のぶみさんはどなたとでもハグをするので、その一環だと思い受け入れていたのですが、どうやら違ったようです。帰りの新幹線や電車で手を繋ぐよう求められたり、頬っぺたをくっつけてきたり、何度も交際を迫られました。私も年が年なので、何度かお断りしていたのですが……。私自身も社会貢献や出版業界に興味があり、何よりボランティアに参加をしていると、ドンドン彼が特別な存在にみえてくる。『君のためにチカラになりたい』といわれ、最後は根負けして付き合い、いつの間にか彼のことが好きになっていました」

引用:Yahoo!ニュース

この女性は独身ですが、のぶみはこの女性の家に約半年間に渡って週2回のペースで通っていたそうですが、滞在時間はなんと30分だったようです。滞在時間の内訳ですが、仕事の話や愚痴をはなしてから男女の行為だったようです。わずか30分という事で女性は雑な扱いだなと思っていたようです。

復興ボランティアで知り合った女性はこのようなやり取りをしていました。

のぶみ 不倫

のぶみが「絵本と世界平和に一生懸命だから」と送信していますが、のぶみが一生懸命だったのは不倫だったようです。

なんと、元看護師の女性と不倫をし始めたにも関わらず復興ボランティアで知り合った女性の家に来ようとしていたようです。ゲスですね。依存症だったのでしょうか。女性の気持ちを踏みにじるような行為です。

最後に、復興ボランティアで知り合った女性はこのように語っています。

子どもや育児をダシにして、自分に都合の良い女性を探すのは止めてほしい

絵本を描いている人間が不倫をしていたとなると、その絵本の説得力がなくなりますね。子供にのぶみの絵本を見せたくないと考える母親が増えることでしょう。のぶみが東京オリンピック・パラリンピックに関わらなくて良かったと思います。

 

のぶみ氏の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

のぶみの評判を調査「更生しても吊るし上げるのは反対」オリンピック出演辞退

大越悠莉奈のインスタを特定「美人すぎる」千葉女児車内放置事件

岡田英明のインスタを特定「おチャらけ社長」クリッチ前社長逮捕

しゅふちゃんの知恵袋

コメント