事件

西田彩のFacebook顔画像「悲痛な声多数」岡山県強要事件

西田彩 画像事件

西田彩容疑者(にしだあや)34歳が、交際相手の船橋誠二容疑者は2021年9月西田彩容疑者の自宅で、西田彩容疑者の当時5歳の娘に暴行を加えたうえ、椅子の上に置いた鍋の中に約3時間立たせ続けるなどした強要の疑いで逮捕されました。

西田あやのフェイスブック・インスタグラム(Instagram)を調査しました。

にしだあやの顔画像・プロフィール、自宅、家族も調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

西田彩のFacebookを調査

西田彩のフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「西田彩」を検索すると、かなり多数のアカウントがヒットしました。これらのアカウントについて調査しました。

西田彩 Facebook 西田彩 Facebook

調査をしたところ、西田彩容疑者と同姓同名の人物のアカウントはありましたが、岡山県在住の34歳の人物のアカウントは特定できておりません。また、西田彩容疑者の顔画像が報道されていないので、現時点での特定は難しいと思われます。

西田彩は34歳なので、年齢を考えるとFacebookアカウントを持っていてもおかしくありません。ただ、逮捕されるまでに期間があったことを考えると事前にfacebookアカウントを削除してしまっている可能性も考えられます。もし、西田彩容疑者のfacebookアカウントがあれば、亡くなった女児との写真も投稿されている可能性はあります。今後も調査を続けます。

西田彩のFacebookアカウントを特定次第追記します。

西田あやのインスタを調査

西田彩のインスタグラム(Instagram)を調査しました。

インスタで「西田彩」を検索すると、Facebook同様に複数のアカウントがヒットしました。

西田彩 インスタ

これらのアカウントを調査しましたが、西田彩容疑者と同姓同名の人物のアカウントはありましたが、顔画像が判明していないことからも現時点では特定には至っておりません。ご容赦ください。

西田彩のインスタアカウントを特定次第追記します。

にしだあやの顔画像・プロフィール

西田彩のプロフィールを調査しました。

西田彩の顔画像に関しては現在は明らかになっておりません。

西田彩の顔画像が判明次第追記します。

西田彩の顔画像が報道されました。

西田彩 顔画像

名前:西田彩(にしだあや)
年齢:34歳
住所:岡山県岡山市北区花尻
職業:無職

西田彩の自宅「岡山県岡山市北区花尻」

西田彩の自宅を調査しました。

西田彩の自宅は「岡山県岡山市北区花尻」である事が判明しました。

西田彩の家族を調査

西田彩の家族を調査しました。

西田彩の家族に関しては、内縁の夫である船橋誠二容疑者がいます。西田彩の真愛ちゃんは2021年9月に岡山市内の病院に搬送され脳死状態となっていましたが、1月12日、低酸素脳症で死亡しました。他に子供がいるのかどうかは判明していません。

(追記)

真愛ちゃんは4人きょうだいの末っ子であることが判明しました。他の兄弟の精神状態や体の状態などが心配です。心のケアをしっかりとしてほしいですね。

西田彩の岡山県強要事件の現場「岡山県岡山市北区花尻」

西田彩の事件現場を調査しました。

事件が起きたのは「岡山県岡山市北区花尻」の西田彩の自宅です。

報道された自宅の映像がこちらです。

児童相談所は2019年6月、真愛ちゃんが3歳の時に西田彩容疑者が育児放棄(=ネグレクト)の疑いがあるとして、西田彩容疑者に対して書面で通告していました。2020年9月には西田彩容疑者と交際相手の船橋誠二容疑者が真愛ちゃんを屋外で叱責しているとの通報があり、14日間真愛ちゃんを保護していましたが、西田彩容疑者と交際相手の船橋誠二容疑者が反省しているとして保護を解除していました。この解除が正しかったのかしっかりと検討してもらいたいです。真愛ちゃんの事を考えると本当に辛く悲しくなります。このような事件が多いですが、辛い事件が少なくなることを切に願います。

(追記)

西田彩容疑者は無料通信アプリLINE(ライン)で「今日は1日食事を与えていない」「顔色が悪かったけど食べさせたらよくなった」という趣旨のメッセージを船橋誠二容疑者に送っており、日ごろから真愛ちゃんに十分な食事を与えていなかった疑いも浮上しているということです。調査をするにつれて信じられないことばかりが判明していきます。どうしてこのような事ができるのか・・・。

ネットの声

西田彩の岡山県強要事件に対するネットの声を集めてみました。

こういったニュースを見ると心が痛くなります。

実の母親が内縁夫や彼氏と一緒になり子供を殺す件が多すぎる。

言うまでもなく、子供は大人が思った通りには動きません。今回の報道まで残忍な行為ではなくとも、言うことを聞かないという理由から子供に平手打ちをしたり、殴ったりする親は潜在的に存在します。

なぜ殺人で裁けないのか。虐待という表現は本当に適切なのか。いつになったら、不幸な境遇にある子どもたちを救い出せるのか。

本当にうんざりするくらい連日、虐待で死亡する子供のニュースが多いが国は本腰入れて動かないのか?

お母さんに守ってもらいたかった、と思う。本当に、子どもの気持ちを考えると、悲しくなる。

西田彩容疑者の岡山県強要事件事件の概要

西田彩の岡山県強要事件の概要をまとめました。

  • 西田彩容疑者と交際相手の船橋誠二容疑者は2021年9月西田彩容疑者の自宅で、西田彩容疑者の当時5歳の娘に暴行を加えたうえ、椅子の上に置いた鍋の中に約3時間立たせ続けるなどした疑いがもたれている
  • 女の子は2021年9月に岡山市内の病院に搬送され脳死状態となっていましたが、1月12日、低酸素脳症で死亡しました
  • 市の児童相談所から通報を受けた警察が捜査し、9日に逮捕しました
  • 内縁の夫である船橋誠二容疑者は容疑を認めていて、実の母である西田彩容疑者は「私がしたことではない」と容疑を否認している

 

西田彩の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

西田彩は岡山県出身で高校は広島のどこ?「中退していた」岡山県強要事件

船橋誠二のFacebook顔画像「感情がないのか・・・」岡山県強要事件

高桑姫華のFacebook顔画像「親子を追い詰めたのは・・・」愛知県一宮市

佐野公英のFacebook顔画像「90人以上と・・・」水泳インストラクター

しゅふちゃんの知恵袋

コメント