事件

永井文崇さんのFacebook顔画像「トラブルの可能性」横浜市西区藤棚町

事件

神奈川県横浜市西区藤棚町の住宅で萩原隆さん66歳と妻紀子さん63歳が同じ階の別の部屋で布団の上で血を流して倒れているのが発見され、民家の敷地内の別棟で、永井文崇さん(ながいふみたか)30歳が首をつっているのが発見されました。

この記事では永井文崇さんのフェイスブック、顔画像・プロフィール、家族を調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

永井文崇さんのFacebookを調査

永井文崇さんのフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「永井文崇」を検索しましたが、永井文崇さんと同姓同名の人物のアカウントはヒットしませんでした。

他にも「永井ふみたか」「ながいふみたか」「nagai fumitaka」などでも検索をしましたが、永井文崇さんのFacebookアカウントを特定する事はできませんでした。

永井文崇さんのFacebookアカウントを特定次第追記します。

永井文崇さんの顔画像・プロフィール

永井文崇さんのプロフィールを調査しました。

永井文崇さんの顔画像に関しては現在は明らかになっておりません。

永井文崇さんの顔画像が判明次第追記します。

名前:永井文崇
年齢:30歳
住所:横浜市西区藤棚町
職業:不詳

永井文崇さんの家族を調査

永井文崇さんの家族を調査しました。

永井文崇さんの家族に関しては妻と子供2人の4人家族という事が報道で判明しています。

また、町内会長によると萩原さん夫婦は20年以上前からこの民家で暮らしており、約2年前、永井文崇さん、妻、子ども2人の計4人が別棟に引っ越して来たという事が報道されました。

事件現場「横浜市西区藤棚町の住宅」

事件現場を調査しました。

事件が起きたのは「横浜市西区藤棚町の住宅」です。

こちらが報道された事件現場の住宅です。

この現場は横浜駅から南西約3キロの住宅街の一角にあります。

永井文崇さんの妻から「誰かが自宅の警報装置を解除する音がした」と110番がはいり、神奈川県警戸部署員が駆けつけたところ、2階の部屋にいた永井文崇さんの妻は無事だったが、永井文崇さんの妻の両親でこの家に住む萩原隆さん(66)と妻・紀子さん(63)が同じ階の別の部屋で布団の上で血を流して倒れているのを発見されました。

さらに民家の敷地内の別棟で、永井文崇さん(30)が首をつっているのが発見されました。

3人はいずれも死亡が確認されています。

警察は永井文崇さんが義理の両親を刃物で刺した後に自宅に戻り、自殺した可能性があるとみて捜査しているという事ですが、続報が入り次第追記します。

ネットの声

ネットの声を集めてみました。

なんか前も思ったけどやっぱり同居って大家族で賑やかで楽しそうってイメージはあるものの、内部では色々ありそう。

なんとなくだけど、結婚したら親が元気で健康ならお互い別居の方がいい気がする。

近すぎたんでしょうね。こんな事になるくらいなら隣同士に住まず離れて暮らした方がよかった

事件の概要

事件の概要がこちらです。

27日午前4時15分ごろ、横浜市西区藤棚町1の民家で「誰かが自宅の警報装置を解除する音がした」と住人の女性から110番があった。神奈川県警戸部署員が駆けつけたところ、2階の部屋にいた女性は無事だったが、女性の両親でこの家に住む萩原隆さん(66)と妻紀子さん(63)が同じ階の別の部屋で布団の上で血を流して倒れているのを発見。さらに民家の敷地内の別棟で、女性の夫の永井文崇さん(30)が首をつっているのを見つけた。3人はいずれも死亡が確認された。  萩原さん夫婦は刃物のようなものでそれぞれ複数回刺されたとみられ、同署は夫婦と永井さんの間で何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて調べている。  現場は横浜駅から南西約3キロの住宅街の一角。町内会長(77)によると、萩原さん夫婦は20年以上前からこの民家で暮らしており、約2年前、女性と夫の永井さん、子ども2人の計4人が別棟に引っ越して来たという。町内会長は「午前4時ごろに男性2人が言い争っている声がした、と複数の住民から聞いた。とても感じのいい家族で、まさかこんな事件が起こるとは思わなかった」と驚いた様子で話した。

引用:Yahoo!ニュース

 

永井文崇さんの新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

しゅふちゃんの知恵袋

コメント