事件

工藤光平のFacebook顔画像「ペットは大切な大切な家族」兵庫県チワワ窃盗

事件

工藤光平被告(くどうこうへい)32歳が、兵庫県加古川市の30代女性の自宅に3度侵入し、女性が飼っていたチワワ4匹をかばんに入れて盗んだということです。

工藤こうへいのフェイスブック・インスタグラム(Instagram)を調査しました。

くどうこうへいの顔画像・プロフィール、自宅、家族も調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

工藤光平のFacebookを調査

工藤光平のフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「工藤光平」を検索すると、複数のアカウントがヒットしました。これらのアカウントについて調査しました。

工藤光平 Facebook 工藤光平 Facebook

調査をすると、工藤光平被告と同姓同名の人物も多数アカウントがありました。また、工藤光平被告と同じ兵庫県在住のアカウントの人物も何人かいました。ただ、その人物が何歳なのかはわかりませんでしたので工藤光平被告と断定することは出来ませんでした。現時点では、工藤光平被告の顔画像が報道されていないことからも特定することは難しいと考えます。

工藤光平は32歳なので、年齢的にはFacebookアカウントを持っていてもおかしくありませんね。

工藤光平のFacebookアカウントを特定次第追記します。

工藤こうへいのインスタを調査

工藤光平のインスタグラム(Instagram)を調査しました。

インスタで「工藤光平」を検索すると、Facebook同様に複数のアカウントがヒットしました。

工藤光平 インスタ

インスタに関しても、工藤光平被告の顔画像が報道されていないことから特定出来ておりません。

工藤光平のインスタアカウントを特定次第追記します。

くどうこうへいの顔画像・プロフィール

工藤光平のプロフィールを調査しました。

工藤光平の顔画像に関しては現在は明らかになっておりません。

工藤光平の顔画像が判明次第追記します。

名前:工藤光平
年齢:32歳
住所:兵庫県加古川市志方町
職業:会社員

工藤光平の自宅「兵庫県加古川市志方町」

工藤光平の自宅を調査しました。

工藤光平の自宅は「兵庫県加古川市志方町」である事が判明しました。

工藤光平の家族を調査

工藤光平の家族を調査しました。

工藤光平の家族に関しては明らかとなっていませんが、32歳という年齢を考えると結婚していて妻と子供がいてもおかしくはありません。

報道では不倫相手の女性宅に侵入したということですが、工藤光平が結婚していたかどうかは判明していません。

不倫相手だった女性宅に侵入して飼い犬のチワワ4匹を盗んだとして兵庫県警は11日、同県加古川市に住む会社員の男(32)を住居侵入と窃盗容疑で逮捕・送検したと発表した。

引用:Yahoo!ニュース

ネットの声

工藤光平のチワワ窃盗事件に対するネットの声を集めてみました。

ペットを物として扱うのはもう止めにしてください。命あるし大切な家族なんです。飼い主の気持ち考えただけで悲しすぎる。ワンちゃんもどんなに怖かったか残酷すぎる。

想像しただけで涙が出ます。ペットは大切な大切な家族です

フラれたからってよくこんな酷いことできますよね。嫌がらせを超えてます。

愛犬家からしたらワンちゃんも大事な家族です。

残虐すぎる。

内容を入力してください。

工藤光平のチワワ窃盗事件の概要

工藤光平のチワワ窃盗事件の概要をまとめました。

交際相手だった女性の自宅に侵入し、ペットのイヌ4匹を盗んだなどとして、兵庫県警加古川署は11日、窃盗などの疑いで、兵庫県加古川市志方町の会社員、工藤光平被告(32)=器物損壊罪などで起訴=を逮捕、送検したと発表した。「女性への嫌がらせのために大切なペットを盗んだ」と容疑を認めている。 逮捕、送検容疑は令和3年12月~今年1月、同市の30代女性の自宅に3度侵入し、女性が飼っていたチワワ4匹をかばんに入れて盗んだとしている。 同署によると、4匹のうち2匹はケージに入れられたまま市内の山中に放置され、死骸で見つかった。別の1匹も工藤容疑者の自宅の冷凍庫から死骸で発見された。もう1匹は所在不明という。 工藤容疑者は、女性と別れた後もつきまとい行為をしたとして、今年1月、同署がストーカー規制法違反の疑いで逮捕していた。

引用:Yahoo!ニュース

 

工藤光平の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

山田悠太郎のFacebook顔画像「肉親同士は悲惨・・・」静岡県浜松市事件

持田多嶺のFacebook顔画像「自称ラッパー」大阪府寝屋川市事件

相沢拓也のFacebook顔画像「殺されるために産んだんじゃない」北海道札幌市事件

しゅふちゃんの知恵袋

コメント