事故

桂田精一さんのFacebook・Twitterを調査「有限会社しれとこ村代表取締役」知床観光船事故

桂田精一 画像事故

北海道・知床半島沖のオホーツク海で観光船「カズワン」が浸水した事故で、運航会社は「(有)知床遊覧船」であることが判明しました。この(有)知床遊覧船は有限会社しれとこ村の中にあり、そこの代表取締役が桂田精一さんであることが判明しました。

桂田精一さんのフェイスブック・Twitter(ツイッター)を調査しました。小山昇さんとの関係も調査しました。

この記事は随時追記・更新していきます。

桂田精一さんのFacebook顔画像を調査

桂田精一さんのフェイスブックアカウントを調査しました。

Facebookで「桂田精一」を検索すると、2件のアカウントがヒットしました。これらのアカウントについて調査しました。

桂田精一 Facebook 桂田精一 Facebook

1件目のアカウントを調査しましたが、プロフィールに記載がなく投稿もありませんでしたので、桂田精一さんのfacebookアカウントと断定することは出来ませんでした。

2件目のアカウントを調査すると、プロフィールの記載がこちらです。勤務先が「 世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘 / Shiretoko Village」となっています。そして、「北海道 斜里郡在住」となっています。

桂田精一 Facebook

また、投稿を見て見るとこのような投稿がありました。

桂田精一 Facebook

これらの情報からもこのFacebookアカウントが桂田精一さんのFacebookアカウントであると考えられます。また複数の他サイトでもこちらのアカウントが桂田精一さんのFacebookアカウントで特定されたいたことからも間違いないでしょう。

桂田精一さんは以前「茨城県工業技術センター 窯業指導所」に在学していたことも判明しました。

ただ、このアカウントには桂田精一さんの顔画像はありませんでした。

桂田精一のTwitterを調査

桂田精一のツイッターを調査しました。

Twitterで「桂田精一」を検索すると、桂田精一さんと同姓同名の人物のアカウントが1件ヒットしました。ただ、この人物を調査しましたがプロフィールに記載がなく投稿もありませんでした。なので桂田精一さんと断定することは出来ませんでした。

ただ、複数の他サイトではこのアカウントの人物が桂田精一さんのTwitterアカウントで特定と記載されていました。このTwitterアカウントにはアイコンに顔画像が設定されていました。現時点では、桂田精一さんの顔画像が特定できておりませんので当サイトでは掲載を控えたいと思います。ご容赦ください。

当サイトでも確証が得られ次第掲載したいと思います。

桂田精一のTwitterアカウントを特定次第追記します。

桂田精一社長のTwitterを特定

桂田精一社長のTwitterアカウントを特定することが出来ました。

桂田精一社長の顔画像が報道されました。

桂田精一 顔画像

こちらの顔画像からこちらの桂田精一社長のTwitterアカウントで間違いないでしょう。

桂田精一 Twitter

他サイトでもこちらのアカウントが桂田精一社長のTwitterアカウントで特定とされていました。

桂田精一社長は2020年4月からTwitterを始めていたようです。フォローが47人でフォロワーが183人となっています。どうやら今回の知床観光船事故が起きてからフォロワーが増えているようです。

桂田精一社長のTwitterアカウントを更に調査すると、投稿は1件もありませんでした。ただ、”いいね”はしている事が判明しました。

その中に小山昇さんのツイートにいいねしていました。

桂田精一 Twitter

桂田精一社長と小山昇さんは関係があったのでしょうか。

桂田精一社長と小山昇さんの関係

桂田精一社長と小山昇さんの関係を調査しました。

小山昇さんのプロフィールがこちらです。

小山 昇は、日本の実業家。株式会社武蔵野代表取締役社長。 中小企業のコンサルタント業務と、ダスキンのフランチャイズ事業を行う。

そんな小山昇さんは過去に桂田精一社長に経営に関しての助言をしていたことが判明しました。

2017年夏、私は妻と世界遺産の知床に行きました。宿泊は、経営サポート会員でもある有限会社しれとこ村(北海道、旅館業)。いい宿ですが、桂田精一社長は有名百貨店で個展を行うほどの元陶芸家で、突然ホテル経営を任され、右も左もわからないド素人。 運よく何もわからないから、小山にアドバイスされたことは「はい」「YES」「喜んで」ですぐ実行した。知床観光船が売り出されたとき、私は、「値切ってはダメ! 言い値で買いなさい」と指導した。世界遺産のなかにあるホテルが売り出されたときも、「買いなさい。自然に溶け込む外壁にしなさい」と指示した。すると、赤字の会社があっというまに黒字に変わった。ただ、ところどころでもったいないところがあった。

桂田精一社長は小山昇さんの事をかなり信用していた事がわかります。

ネットの声

知床観光船事故に対するネットの声を集めてみました。

素人では、海のことについて判断がつきにくい、運航会社が船を出すと言われたら「大丈夫だ」と思ってしまうのが大半の観光客だと思う。

漁師さんたちは天気にはとても敏感だし、経験量が違うからね。注意をきいていたら、こんなことにはならなかったのではと。明日から天気も荒れるので、まだ見つかっていない方達を早く見つけてあげてほしいです。

相当前のことなのでいつだったのか正確に覚えていないのですが、GWにウトロに行った時に知床観光船はウトロからは6月にならないと出ないって言われました。まだ海は冬だし潮も危ないからここの小さい船ではダメだとも理由を教えてもらいましたが、いつから観光船を出す時期が早まったのでしょうね。

知床観光船事故の概要

知床観光船事故の概要をまとめました。

北海道・知床半島沖で観光船が遭難した事故で、これまでに3歳の女の子を含む11人の死亡が確認された。 行方不明の乗客の中には、観光船でプロポーズを計画していた男性もいた。 そして、捜索が続く中で、観光船の運航会社は、ここまでどのように対応しているのか。 運航会社の本社前から、木村拓也キャスターが中継でお伝えする。 運航会社の事務所が、青い看板の建物。 あたりが少しずつ暗くなってきて、建物の中も真っ暗。 カーテン、扉が閉まったままで、人の気配は感じられない。 対応でいえば、25日、社長が家族や関係者に対して説明会を行った。 参加した人によれば、納得できないという声もあった。 それ以外にも、運輸安全委員会の事故調査官によると、ここの会社の従業員に対して聞き取りを行ったという。 ただ、事故の対応などがあり、まだ社長には聞き取りは行っていないという。 新しい情報でいうと、このあと25日夜に記者会見を行うという。 社長が、具体的にどういった経緯があったのかといったことが話されるとみられる。

引用:Yahoo!ニュース

 

桂田精一の新たな情報が入り次第追記・更新していきます。(続く…)

桂田精一社長の家族を調査「再婚していた」知床観光船カズワン事故

知床観光船事故現場【カシュニの滝】やカズワンを調査「過去に座礁事故」

豊田徳幸さんのFacebookを調査「カズワン船長」知床観光船事故

豊田徳幸さんの家族を調査「妻や子供は?」知床観光船事故

曽山聖さんのFacebookを調査「カズワン甲板員」知床観光船事故

曽山聖さんのツイッターを調査「カズワン乗組員」知床観光船事故

しゅふちゃんの知恵袋

コメント